MENU

個人のたより案内について-日本でもクレヒス社会が到来する?

依存報告とは、あなたがコストを借りた測定です。あなたがクレジットカードをつかったり、融資をしたりすると、すべてのコストを口論がデータベースに記録されます。
その依存報告ですが、とうぜんコストをデッドラインまでに返さないなどの、悪いことも全員記録されています。

 

これはファイナンス惨事と呼ばれていて、ファイナンス惨事が解消されて5カテゴリーたつまで、依存情報から消されることはありません。

 

ちなみに滞納は2か月以上から圏外となるようです。

 

クレカ、融資、そしてテレフォン金額の払い忘れが最低なデータをもたらすこともあります。

 

ファイナンス惨事が依存報告に記載されると、新借用はもちろん、クレカを取る、TELの出席、住宅の貸し出しを組むこともできなくなってしまいます。

 

さらに気を付けなければならないのは、依存情報から惨事が抹消されるのは、惨事を解消して5カテゴリーということです。

 

惨事が起こったことにすら気が付かないと、永久に依存報告にケガがつきっぱなしになってしまうのです

 

あなたにはこれらの払い忘れはもちろんないですよね?